若くして薄毛に苦悩する猫毛の友人へ

 
bouzu
君のは薄毛でなくてただのカン違い・・・・・かもしれない
若いときは何かと早とちりするもので、冷静に判断できないまま最悪の方向へ突っ走るなんてことがざらにあります。

じつは薄毛ではなく、すごく健全な状態だったのに疑心暗鬼にかられて変にいじくりまわし、髪と頭皮にダメージを与え続ける・・・

悩みまくっては自暴自棄になり、やがては本物のAGA(男性型脱毛症)を発動させる。

まだハゲてもないのにハゲの恐怖にやられて本当にハゲになる

まんまとそれにハマったのがワシ。

スポンサーリンク

どっからが猫毛?

まず、日本人男性の平均的な髪の太さはこんな感じです。

太い髪・・・0.12mm~0.25mm
普通の髪・・0.08mm~0.10mm
細い髪 ・・0.05mm~0.09mm

0.06mm以下の細い人がいわゆる「猫毛」と呼ばれる、うちらみたいな生まれつき・・・・・の猫毛の民のことです。

 

猫毛ってのは文字通りネコの毛みたいに細くて柔らかい髪質です。

反面、ハリやコシは少ないのですぐにぺちゃんこになって嫌~な思いをします。

  • 湿気しっけ小雨こさめで濡れるとバーコードのように貼り付く
  • 帽子ぼうしをかぶるとヘアスタイルはぺちゃんこに崩壊ほうかい
  • つむじがバカでかい台風の天気図みたい

こんな感じで水との相性はほんとに最悪です。

まずデメリットしか思い浮かびません。

スポンサーリンク

猫毛の本数

日本人男性は平均で100,000本ぐらいの髪の毛がありますが、うちら猫毛の民はおそらくその半分以下、50,000本もあればいい方だと思います。

髪の毛は1つの毛穴から1~3本の髪の毛が生えているっていうの前提があります。(産毛エリアは少ないといった部位にもよります。)

高校の頃、超剛毛のクラスメイトと比較したところ、そいつ1毛穴から4~5本も生えてやがりました。

うちら猫毛の民の場合、頭頂部は1毛穴につき1本がデフォルトじゃないですか?

もう前提からして違いすぎるんですよね・・・

 

つまり、どんなに甘々に見積もっても猫毛の民の総本数は40,000本~60,000本ってところが限界ラインなんです。

 

しかも、さっき言ったように1本の太さも半分ぐらいしかない。

ということはですよ?

見た目の量はざっくり半分の半分、平均値の人の25%程度の髪の量にしか見えないということなんですよ。

 

健康な状態でも。

 

毛穴の数もそこから生えてくる本数も、母親の胎内にいるうちに決まるものなんで、今から頑張ってどうこうできるようなもんでもありません。

 

ついでにいえば髪の太さも先天的なものです。

 

中学生あたりの成長期には太くなるし、25歳もすぎれば徐々に老化とともに細くなっていく。

これ、ヒトとして自然なサイクル。

 

しかし、遺伝情報よりも細くなる可能性はあったとしても、ポテンシャル以上の髪の太さを手に入れるなんてのは、植毛でもしない限り不可能なんです。

 

スポンサーリンク

疑心暗鬼の不安スパイラルでAGA(男性型脱毛症)

スッカスカの見た目で不安になるなという方が無理なのはよ~くわかります。

高校~大学ぐらいの自分を振り返っても、数え切れないぐらいの嫌な思いをしました。

わざとらしく女子の前で「お前、ハゲてない?」、なんてイジりに来る連中もいますよ。

えげつない笑いを取るためのターゲットとしか見てないんですよね・・・

Iguana
Iguana

キツイよな。アレ。

逆上すれば相手の思うツボ、ヘラヘラ笑ってるのも癪だし・・・ほんと毎日が自己嫌悪でした。

 

でも、逃げたい一心で地元を離れたとしても、同年代の若いやつの考えることなんて似たり寄ったりのもの。

すぐに違う人物たちとも似たような場面に遭遇する羽目になります。

 

しかし、ここが結構重要なターニングポイント。

フェードアウトの仕方そのものを間違えると、本物のハゲ、AGA(男性型脱毛症)が発動する可能性が跳ね上がってしまいます。

本来の発動時期を何十年も前倒しして。

 

人との付き合いをさけ、パチンコやら夜中のバイトなんかに逃げ込むようになってくれば、もうAGA発動の引き金に指かけてるのと同じようなものです。

  • 多量の飲酒
  • 喫煙
  • 不規則な生活サイクル
  • 運動不足
  • 目を酷使する長時間のゲーム
  • 揚げ物やインスタント中心の食生活
  • 頭を巡るのは髪のことばかり

 

これに最悪レベルの薄毛要因である羞恥心による対人ストレスの追い打ちがあるんだから、ハゲるなって方が無理ゲーです。

逃げ続けた結果、本気のAGA(男性型脱毛症)が静かに発動します。

脅すつもりはありませんが、細くて少ない猫毛はタンポポの綿毛も同然。あっという間にハゲ散ります

 

スポンサーリンク

猫毛がするべき薄毛対策

考えようによっちゃ「お前、ハゲてない?」なんていじられているうちはまだマシなわけで・・・

髪の話題を避けられるようになったり心配されたりしだすと、本当の意味で来てんだな~と実感するようになってきます。

今すぐにでも危険度の高いものから対策を取りましょう。

生活習慣を叩き込む

喫煙はいますぐやめろ

言わずもがな。髪に対するタバコの害悪がいあくはあなたの想像をはるかに超えます。

毛細血管が収縮し、血行は最悪レベルで悪くなりますからね。

血流量も重力の影響をしっかり受けますので、最も高い位置にある頭皮には血が上りにくいと言えます。

つまり、毛細血管でなくては細部まで行き渡らないってことなんですよね。

 

タバコ吸ったときのひんやりした感覚、ボーっとする感覚は血が通っていないから。

そら死ぬわな。毛包。

ニコチンやタールの量はそれほど問題ではありません。

1ミリでも余裕のアウツ。

もちろん電子タバコでもアウツ。

 

「吸わないほうがストレス」とかの訳わからんこと言ってるとすぐにハゲ散りますよ。

タバコの薄毛危険度はMAXレベル。

四の五の言わずにやめるべし。

 

揚げ物を減らせ

酸化した油は人体にかなり悪影響です。

若いうちは好んで食べてしまいがちな揚げ物ですが、どこでもきれいな油で揚げたものだけが売られているものでもありません。

外食で揚げ物比率が高い人は要注意。

 

ご存じの通り、トップクラスでブラックな飲食業界が、たった2~3回の使用で油を交換してくれる訳ありません。

継ぎ足しながら、最終的に重油のように真っ黒になるまで何日も揚げ倒します。

 

それでもちょっと揚げ色が濃いかな?

ぐらいでわからないのがこんがりきつね色っていうあいまいな表現なのです。

学食や従食のフライヤーの油は基本的に外食レベルに交換しません。

中で作ってる私が言うので間違いありません。

揚げものを控えるだけでもにじみ出る皮脂量はずいぶん減ります。

なにより髪のためです

 

飲酒は控えろ

お酒飲むといろいろ乱れます。

睡眠時間、入浴せずにそのまま寝たり、雑魚寝で済ませたり。

栄養バランスも。記憶も。

酒の席で食べるものも栄養バランスは乱れまくります。

塩分過多なメニューが多い上、野菜不足は避けられません。

 

さらに炭水化物を抜くような食生活をしていると、うんこの量も激減します。

しかし、言い換えれば老廃物を押し出せない不衛生な腸内環境ということなんですよね。

健康は腸内環境から。基本です。

 

酒を飲んでぐっすり眠る・・・これは大間違いです。

アルコールによる脳の麻痺による昏睡であって、脳は睡眠していません。

したがって、リラックスどころか脳の疲労はどんどん蓄積されている状態です。

 

寝ろ

消灯・起床の時間を固定し、6~7時間は毎日睡眠を取りましょう。

大した余暇や娯楽をしていないのにこれが難しいのであれば、けっこうブラックな職場ですよ。

 

誰かの会社の利益と、失えば二度と戻らない大事な毛根、どっちが大事かは火を見るよりも明らか。

 

バイト先や会社は「将来の君のため」という常套句を使い、うまいこと時間外も拘束しにきますが、本質的なことは抑えておかなくちゃダメです。

 

自分がもっと儲けるために人を雇う

これが経営者の本質で、そして資本主義という世界では別に悪いことでも何でもない。

 

経営者がもっと儲けるために〇〇する

 

〇〇に入るのは、従業員のモチベーションアップ、社会貢献、お客様のニーズにお応え・・・とかなんとか。

 

人の会社なんですから「うちの会社、自分の会社」なんて考えなくていいですよ。

 

そんなことよりも大事なのは自分の毛根。

 

髪は短く

確かに伸ばしたくなる気持ちは痛いほどわかります。

しかし、抜け毛を減らしたければ、長髪は厳禁です。

抜け毛の9割以上はシャンプーとドライヤーでのセット時にでます。

長ければ長いほど抜け毛の本数も増えます。

推奨はボウズ。

抜け毛を限りなく減らすことができます。

育毛剤をはじめる

残念ながら40絡みのおっさんがハゲはじめてギャーギャー騒いで使う育毛剤は対して効果はありません

 

なぜなら、AGA(男性型脱毛症)がすでに発動し、年齢的にも進行しやすい老化サイクルに突入しているし、良いも悪いもそれまで積み重ねてきた生活習慣も改められるような年齢でもありません。

 

ほら、四十にして不惑とか言いますよね。

育毛剤は毛を増やすためにあるんじゃなくて、今ある髪を健康に保全するためというのが本来の目的。

発毛剤とは使用できる成分に違いがあるのです。

細くても少なくても、頭皮が若く健康であってはじめて活きてくるものです。

 

つまり、育毛剤を使うべきなのは猫毛を薄毛とカン違いしているいまのあなた。

例え薄毛体質が遺伝していたとしても、現状維持でもいい、なんとか40歳ぐらいまでもってくれれば御の字だと思いませんか?

今もっとも効果を期待できる育毛剤(厳密に言えば化粧品という括りになります)は、FINSIA一択です。

スポンサーリンク

まとめ:薄毛治療、悩みはじめがはじめ時

若くして薄毛で苦悩する猫毛の友人へ

猫毛はまだ少なく見えるだけで、本物のAGA(男性型脱毛症)は発動していないかも知れません。

AGA(男性型脱毛症)の根本の原因は遺伝ですが、発動するかしないかは誰にもわかりません。

感覚的には遺伝というよりも、精神的に思いつめたことのほうがダメージは大きかったと感じました。

ついで食生活、生活リズムといったところでしょうか。

  • 生活習慣は髪の健康を最優先する
  • つむじが気になるだろうが髪型は短めにして負担を減らす
  • 育毛剤は毛根がくたばる前に使わなければ意味がない

 

なによりも、羞恥心による精神的ストレスを軽減する方法を実践していきましょう!

それこそがボウズ+FINSIAです。

フィンジア!業界独自の高配合成分!反動無し!

 

こちらもどうぞ:  薄毛の悩みを刈り取る|パパとしてボウズという選択
薄毛
スポンサーリンク
シェアする
イグアナの育児論

コメント