パチンコ・パチスロ依存症から抜け出すコツ~ドロ沼から這い上がれ!

ギャンブル依存

年収が高いとは言えない我々にとって計画性のないお金の使い方は致命的です

パチンコ・パチスロをやめたいのにやめられない

あなたは依存症の当事者か、身近なパートナーでしょうか?

依存してたころのわたし

やめると誓った翌朝、開店前に車内待機してた
いつでもパチ屋に行きたいので予定は入れない
勝ってお金を増やしたいので借金するという阿呆

今となっては笑って(いや笑えん)振り返ることができますが、我ながらあきれるほどのクズっぷりでした

あしかけ15年ぐらいはパチンコ・パチスロにどっぷり浸ってましたね

はじまりは〇学生、当時はよく見かけた1回交換制(ボーナス1回終わるたびにレシート交換、店員さん呼んで台のリセットが必要)のパチ屋

機種はもはやゲーセンでも見ることのない1.5号機の時代

ものの数分でボーナスゲット、1,000円が7,000円あまりに・・・

大変なことをしでかしてしまったと逃げるように店を後にしました

 

濡れ手に粟(あわ)のあぶく銭が最初にインプットされれば、あとはお決まりの泥沼スロ地獄

負けるまで打ち続け、勝つまで負け続ける、正真正銘のバカです

 

バイト代のほとんどをパチ屋に遅滞なく納付、社会人になってもやっぱり給与の大半はパチ屋に遅滞なく納付し続けていました

ざっくり毎月10万円ぐらいはパチ屋に落としてたんだから、15年間✕120万円で1,800万円・・・地方の中古マンション余裕で買えてますね

 

紆余曲折、幸運にもそんな生活から足を洗え、現在は妻と3人の子どもと質素ながら借金¥0、ローン¥0で真っ当に暮らせています

仕事は残業も付き合いも少ないので、家庭を中心とした充実した日々です

 

足を洗ってもう10年、もちろん一度たりともパチ屋の敷居はまたいでいません

  • (ひとりで)いない
  • (お金を)持たない
  • (パチ屋に)近づかない

たったこれだけのことなんですが、手に入れたものはかけがえのない心穏やかな日々、陽のあたる場所です

パチンコ・パチスロ依存だった頃には無縁だと思っていたふつうの日々

何をして、どんなことに気をつけたのか、パチンコ・パチスロを本当にやめたい人の参考になれば幸いです

 

はやくドロ沼から這い上がり、まっとうな一歩を踏み出してください

スポンサーリンク

パチンコ・パチスロ依存症は絶対に完治しない

まず最初に

ギャンブル依存症が完治するなんてことは絶対にあり得ません

決別から10年以上たっても、時間とお金の条件さえ整えば何日正気を保てるかわかりませんし・・・

 

それぐらい脳の最深部に刷り込まれてしまった「あぶく銭体験・浮いた金でなんとかできちゃったよ体験」を消すことは不可能なんです

パチ屋が全滅でもしない限りパチンコ・パチスロ依存症が完治することはありません

治ったと思っても再発性は激高、一生高確です

 

パチンコ・パチスロ依存は絶対に完治することはない

まずはこれを認めることが依存症から遠ざかる最初の一歩なんです

私がパチンコ・パチスロ依存症から抜け出した方法

実際に10年以上パチ&スロ断ち出来ている実体験ですので、ひとつでもふたつでも参考になると思います

  • (ひとりで)いない
  • (現金を)持たない
  • (パチ屋に)近づかない

自分を過信せず、意図的に遠ざけるというのが基本方針です

0,最後の勝負はもう終わった

兎にも角にも昨日行ったのが人生最後のパチ屋だったとすることです

愚者たちの言い分

曜日決めて・・・
レート下げて・・・
時間決めて・・・
ゲーセンだけ・・・
スロゲーだけ・・・

いいえすべて却下

スロの匂いは完全に消しましょう

自宅にある雑誌、カウンター、スロゲー、アプリ、メルマガ

いますぐ全部処分です

 

スロ雑誌の山を捨てたあと、回収直前に魔が差して拾いに行った恥ずかしいヤツが書いていますが、今日が吉日すぐ廃棄!

準備が整ったらパチンコ・パチスロ依存症克服スタートです

1,ひとりでいないこと

パチンコ・パチスロ依存者の特徴は、ひとりを好むことです

と言っても別に人嫌いとかではなく、自分のペースで制約なしに好きなだけ打ちたいだけなんですよ

ゾーンやモード、天井、上乗せ、フリーズ・・・巧妙に仕組まれたそれら特殊な興奮状態を中断されたくないだけ

打ちたいから人に無関心なんだから、強制的に人と一緒にいてもらえばいいんじゃない?という作戦です

 

なにせ青春の思い出といえばぐるぐる廻るリールやデジタルしかない腐った脳みそなんですから

わたしも同期、同年代の友人に打ち明け、くだらない用事でも構わないから一緒にいてくれと頼みました

年甲斐もなくおっさんがこんなこと言うわけです

 

Iguana
Iguana

あ~そ~ぼ

 

ドライブでもいいし、おっさんだけで温泉でも構いません

魚釣りでも山登りでも、なんなら陶芸体験とかでもいいんです

結果にコミットしなくても、公立の体育館とかのジムもOKです

 

  1. わりと低額
  2. 体を動かす
  3. 視界にパチ屋が入らない

 

この3つの条件があればOKです

あとは、説教も含めてパチ話は禁句にしてもらうことぐらいでしょうか

 

ズレまくった金銭と時間の感覚、友人とのかけあいと間(ま)を楽しめる人間的な感情を取り戻しましょう

2,禁煙する

パチンコ・パチスロやめたい人はこれ必須だと思います

 

それほど効果激高で、持続性があり、行きたい場所から行きたくない場所へと脳内変換することができます

禁煙して2~3年もすれば煙や臭いは懐かしさを通り越し、不快そのものというのがわかってきます

喫煙者の服から漂う臭いとか、喫煙コーナーの存在さえ不快になるんだから、いままでどれだけの不快感を周囲に与えていたことか・・・

 

臭いが不快なので近づけないという状態になれば、スロ断ちとの相乗効果も相当なものになります

ぶっちゃけ、これが一番効果高かったです

3,彼女つくる

彼女ができれば、すぐにパチ屋通いをやめられる訳ではありませんが、そもそも長いこと彼女ができない理由はギャンブル狂でコミュ障という最悪のライフスタイルですからね

彼女ができない、できてもすぐに逃げられてしまうって人は、まずその異様な行動パターンを自覚したほうがいいです

 

例えば・・・

パチンコ・パチスロしてる時の判別

・電話はいつも数分後の折返しで必ず屋外
→(店外に出て電話する)

・遅刻は数分のレベルではなく、ドタキャンも多い
→(出玉優先)

・所持金が極端
→(大勝後は大金をずっと持ち歩く)

・デート後の解散が早い
→(ひと勝負したい)

・会う前、帰宅後シャワー浴びすぎ
→(独特の臭い消し)

・ドライブ中も瞬間的に目線がパチ屋
→(無意識)

女性はこういった行動パターンにも敏感で、パチ屋通いはどうせすぐにバレます

一緒にいても何かしら精神的な余裕の無さを隠せていません

 

私は運良くギャンブル嫌いという女性に巡り合うことができましたが、ギャンブルに寛容なパートナーとの出会いは避けたほうが賢明です

依存症を抑えられていない状態では、その寛容さに甘えて破滅するまで打ってしまうのが目に見えていますから

 

パチンコ・パチスロに人生を左右されたくないのなら、パチンコ・パチスロに行かない人のライフスタイルを尊重しなくてはなりません

4,結婚して家庭を持つ

狂った金銭感は必ず家族を泣かせています

5,000円はかすり傷なんかではなく、子どもの習いごとがひとつぐらいカバーできる大金です

打ってた数時間、そのあいだ家事をしてくれてた奥さん、休日のパパと遊べることを楽しみにしていた子どもがいます

 

当たり前ですが、家族を持つという責任は軽いもんじゃないです

「働いて帰って家でも家事をするのか」

「自分で稼いだ給料なのに自由に使えないのか」

パチンコ・パチスロ依存者の多くはこういった愚痴を並べ、完全に被害者目線で主張しはじめます

 

しかし、冷静に考えれば家族の時間とお金でパチンコ・パチスロしてるんですから加害者以外のなにものでもないです

5,現金を所持しない

パチンコ・パチスロ依存症で怖いのは現金の所持です

特に2~3万円という「ひと勝負しよか」という金額は危険

今どき突発的に現金1万円以上が必要なんてことはそうそうありません

 

10年間ずっと依存症治療中という私は、5,000円以下の現金とクレジットカード1枚で十分なんです

普段着的に使いやすいので楽天カードを使っていますが、特にクレジットカードへの憧れもありません

カードを作る条件は、キャシング機能を無しにできるものです

安易に現金を借りれる環境はパチンコ・パチスロ依存症患者にとってはタチの悪いATM感覚なんです

年利14%とかで現金を借りるという行為は、クレカ払いで買い物するとかの比ではないほど愚行

キャッシング+リボ返済なんて高速エスカレーターの逆走みたいなもので、頑張っても現状維持、足を止めれば吸い込まれるように堕ちていきます

絶対にやっちゃダメ&近づいてもダメ

最も信用できないのは依存症にまで堕ちた自分ですから

妻は知らないですが、重度の依存症だった私は小遣いという制度を拒否しています

必要なときには申告して準備してもらうというスタイルを取っています

自発的にやってるんで窮屈でもなんでもないです

ただの再発防止策です

ギャンブル依存症に完治はありません

6,引っ越す

全国に9000店

減少傾向とは言えパチンコ・パチスロ店のない都道府県はないほどに日本はギャンブル大国です

入会手続きも来店認証もない、入って座れば即ギャンブルスタートという恐ろしいほどの手軽さなんで、依存症なるなって方が不思議です

 

いったん節操をなくした私にできることは、可能な限りパチ屋から遠ざかることだけでした

パチンコ店が密集するエリアを避け、繁華街から遠ざかり、不用意に生活圏をひろげない

最寄りのパチ屋は片道60分とか、ちょっと奥の方へ引っ越したのは効果的でしたよ

往復2時間かかるとか、そら行く気も失せますわな

蟲たちとの共存ですが、修行だと思ってましたw

まとめ

依存症の人は、「また行ってるよ」と後ろ指さされるの結構気にします

やっぱりうしろめたいんですよ

だから、人混みに紛れてしまえる都心部とか、あっちこっちお店選べる密集エリアから離れられない・・・

 

でもね、そんな環境じゃやっぱり治んないんですよ

人の力無くしてパチンコ・パチスロ断ちなんて絶対に無理ですって

自制心なくして依存症になった人の自力なんて当てになりませんし、その自力が無いから自制できなかったんじゃん

10年パチンコ・パチスロ断ちした今でも、私の依存症は継続中です

この3原則はやっぱり意識しています

  • (ひとりで)いない
  • (現金を)持たない
  • (パチ屋に)近づかない

 

パチンコ・パチスロやめたらわかりますが、なんともバカげた遊戯ですよ

膨大な時間とエネルギー使ってやってんのは、駆け引きもクソもない分の悪すぎる抽選機ですからね・・・

ひとりでも多くの方があの泥沼から這い上がれますように

こちらもどうぞ:  兄弟なのに弟のオレだけが猫毛で若ハゲという場合の心の整理

コメント