矯正ばしは変なクセがついたので正しいはしの持ち方へ治した手順

まわりの園児を見ても、ふつうのはしにした途端に苦戦したり、スプーンとフォークが手放せなくなったりしてるみたいです。

「矯正ばしでは変なクセがつく」といううわさ・・・あれ本当でした。

うちの矯正ばしで変なクセを修正するまでのあれやこれやの記録です。

スポンサーリンク

矯正ばしはすぐれもの?

矯正ばし、特にリング付きで支点が固定された型のものは優れものです。

2歳半ぐらいでも、数日もすれば器用に食べ物をはさんで口に運べるようになります。

うちが購入したものもAmazonレビューの評価高いっす。

ところが・・・

持てるようになったのはあくまでもリング付きのはしの方で、本物のはしではありません。

 

もういけるかな?ってことで普通のはしを持たせると、全くと言っていいほど使えない。笑う。いや、笑えない。

やっかいなことに、「つかえるもんね!」みたいな変な自意識もつよいのでしばらく荒れます。

スポンサーリンク

矯正ばしでついた変なクセ

いったん戻してリング付きのはしの手元をじっくり観察してみると、こんな問題点がピックアップできました。

リング付き矯正ばしの問題点

指先が遊んでいる
トングでつかむのと似たフォーム
くすり指と小指が伸びてるとかあり得ない

器用につまんでいるように見えて、じつは手づかみと大差ないんです。

根本の原因はなんだ?

もう一度、正しいはしの動きを観察すると、じつはとてもシンプルってことがわかりました。

2本のうち動いているのは上のはしだけです。

そして、動作する指はひとさし指と中指の2本だけで、あとの指は添えてあるだけです。

 

さらに細かく見ると、力の方向もそれぞれの指で1方向のみ。

中指で開いて(押し上げて)、ひとさし指で閉じる(押し下げる)。

これだけなんです。

 

しかし、リング付きの矯正ばしではどうなるかというと、ひとさし指で開いて(リングを引っ張り上げ)、中指で閉じる(押し下げる)となってしまうんです。

 

つまり、力の入り方が真逆。

 

だから本物のはしを持った途端に未知の道具のようにぐらんぐらんになる訳です。

さらに固定されるはずの親指もぐにぐと不安定なので、トングやピンセットでつかむようなフォームになってしまいます

 

これがリングタイプの矯正ばしでつく変なクセの正体です

変なクセを修正した手順

修正はこんな感じですすめていきました

1,ゴールを見せる

目的のないことに集中できないのは大人も子どもも一緒

今回のエサはこちら

あまりの作り込みの細かさに思わず脱帽レベル。

 

2,矯正ばしを変える

矯正ばしといってもいろんなタイプがあり、値段もピンキリ。

当然ですが、高いから持てるようになるというわけでもありません。

 

クセを発症してからというもの、4~5種の矯正ばしを使って見た結果、もっともわが家で修正能力が高かったのがこちら。

おすすめポイント

開閉の支点の位置が正しい
開く角度が正しい
親指ガイドのいちが正しい
ステップに応じてパーツが外せる

 

リングのサポートが少ないことでレビュー評価は落ちますが、それはあくまでも使いはじめて間もない時期でのこと。

見方を変えれば、トレーニングの余地がちゃんと残してあるということです。

 

修正目的で重要なのはパーツの着脱ができること

ひとつずつパーツを減らしていき、最終的にガイドなしのはしにあるので、修正の進み具合がわかりやすいんです。

 

ちなみに、バネに慣れてしまうと「中指で押し上げる」コツが体得できんという理論から、わが家の場合は中バネを早々と撤去して使いました。

3、遊びながらトレーニング

ガイドつきで持てるようなったら、本物のはしのトレーニングに移行するんですが、食事時間のトレーニングはやめてきましょう。

理由は単純で、みんなイライラして殺伐とした食事風景となり、奥義ちゃぶ台返しが炸裂するのを回避するためですよ。

 

菜箸でトレーニング

サーカスの綱渡りで長い棒をもって渡るのを見たことってありますか?

もっと身近なところでは、平均台を渡るときに自然に両手が横に開きますよね?

あれの原理は、長いものの真ん中は重心がとりやすいってことなんです

これを応用した長い菜箸でのトレーニング。

真ん中あたりでバランスを取ると、ゆら~りゆらりと動くので、力がどっちの方向にかかっているのかよくわかります

持てないのは握力が無いんでなくてバランスが悪いから。

※真ん中のヒモは切って使います

 

マナー豆匠(マナービーンズたくみ)でトレーニング

ただひたすらひよこ豆をつまむという遊びですが、おはしのトレーニングには効果大です。

付属のはしは短めであえて滑りやすくしてありますので、子ども自身のはしでトレーニングするといいですよ。

 

 

4,ガイドなしのはしで練習

持ち方が安定してくれば食事中のトレーニングに移行します。

失敗は成功への近道なんですが、難しいからといって一時的にでもガイド付きに戻すのは逆効果です。

そんな時は早々と憧れのはしを使わせてあげるなど、上手にモチベーションに火を灯してあげてください。

調子が悪ければスプーンとフォークに替えてしまい、次の食事から再チャレンジさせるという切り替えもしょっちゅう行いました。

意地でもリング付きは使わさん。

子どもの目線で考えてあげよう

できなくてもオラついてはダメ・絶対。

自分の持ち方は正しく美しいという自負があるほど、人には手厳しいものです。

誰でもはじめからそんなに上手くできるわけない。

異国のナイフ・フォーク文化からみたら「箸だと!?曲芸かよ」みたいなレベルです。

優しく見守ってあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました