コスパ良好なハイタイプのキッズチェアでごはん中にじっとしてくれるようになった

子ども用のハイチェアでこんな不満がありませんか?

  • 値段が高い
  • 種類少ない
  • 大きすぎて邪魔
  • じっとしてくれない
  • 姿勢が悪くなった

これらの不満をことごとくクリアするキッズチェアがあります。

  • 下の子用がそろそろ必要
  • 買い替えを検討している
  • じいちゃん家用にコンパクトなのが欲しい

そんな方にはきっとハイチェア選びの参考になると思いますよ。

スポンサーリンク

結論、ひとり目の時から欲しかった

ふたり目用に購入したつもりなのですが、コスパいいので上の子の分も買い替えました。

スリムなハイチェア

兄妹で揃いにしたわ

ハイタイプのキッズチェアは10,000円ぐらいという相場観をくつがえし、5,000円を切るお手頃な値段です。

前のはじいちゃん家に移動して、万事解決です。

大きすぎて邪魔問題が解決

ハイタイプのキッズチェアは、乳児から幼少期まで使えるという幅の広さが売りなんですが、それが逆にレパートリーを少なくする要因な気がします。

 

  • 胴回りがしっかりしてくると、ずり落ち防止のウエストの補助部品を取っ払う
  • 幼児食がはじまる頃にはついてる可動式のテーブルを取っ払う

 

結局、すっぽんぽんのシンプルな椅子として使用するようになります。

 

さらに、安定感を持たせるために幅広な設計にしてあるのはわかるんですが、足の小指打つ回数が尋常ではないこと。

来客も揃って豪打悶絶するんで、人体工学的な何かがあると思います。

そういった部分がスッキリ解決。

じっとしてくれない・姿勢が悪い

座面の幅は30cmとけっこう狭い作りです。でも、これが吉。

横ずれ

しかもウレタン素材なので、前後左右にお尻を滑らせてクニャクニャするのがなくなりました。

 

座り心地も固めなのでふわふわとした腰つきもおさまりました。

コンパクト

やったぜ星ピノ

背もたれ角度も広すぎないので、前に滑り込むような座り方も出来ません。

うちの子は身長102cmの4歳2ヶ月、体重16kgです。

3段階まで座面の高さを変えられるので、身長80~120cmぐらいまでいけそうな感じです。

 

組み立ては簡単です

ひとつめは20分ぐらい、ふたつめに至っては開封から10分で完成。

梱包の形状

六角レンチ同梱なので工具はいりません。

材料一覧

ネジはどれも共通の1種類なので迷いません。

スタンダード品と比較

一般的なやつと比べても2~3割はスリム。

この椅子の弱点

高さの割に幅が狭いので、ほんの少しだけ倒れやすいかなと感じます。

テーブルの縁に手をかけて後ろにグイーンとかやってると倒れます。

横もしかり。

うちは危ないから下を補強しようとかは本末転倒だと考える派です。

弱点を利用して「倒れるよ?(がたん)ほらね。」みたいなしつけをするかどうかは各御家庭でご検討くださいませ。

こちらもどうぞ:  安上がりでも3歳児に意外にヒットしたおもちゃ
いいもの・いいこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
イグアナの育児論

コメント