幼児の空間認識能力を鍛えるために積み木を習う

空間認識能力と積み木

iguanaです。

IQすごい人とかトップアスリートは空間認識能力も高いみたいです。

空間認識能力

大きさや奥行き、間隔や距離なんかの位置関係を正しく把握する能力
頭の回転とか反射神経、身のこなしとかにも関係する能力

視覚や聴覚といった他の感覚器との連携ではじめて成立する能力で、右脳の領域です。

中高生ぐらいの部活で、同じ練習や勉強の量なのに明らかに次元の違う成長をみせる同級生っていませんでした?

あいつらが持ってる別次元の賢さやハイレベルな反射神経の正体がたぶんこれなんです。

筋トレとか問題集ではもうどうにもできない部分。

 

その空間認識能力は乳幼児~少年期期の過ごし方によってポテンシャルが左右されます。

つまり、生まれてから身に付けていく能力なので、0~9歳ぐらいまでの環境と親の取組みが超重要ってことです。

遺伝じゃないんです。

高い空間認識能力は将来の可能性を圧倒的に広げてくれます。

勉強や練習の効率が何倍にも変わってくる土台づくり。

どうにかして高めてあげたいですよね…

スポンサーリンク

水泳で空間認識能力が高まる

人間はそもそも空間に存在しているわけで、日常生活そのものが空間認識しっぱなしの状態じゃないんか?と思ってました。

が、

  • 五体五感の刺激と運動機能がリンクして脳が発育する
  • 神経細胞同士のつながりの9割ぐらいは0~6歳で出来上がる
  • 脳の神経が高密度ネットワーク化すれば、処理する能力もめっさ速い
どうも要点はそういうことみたいです。
 

つまり、低重力の水中で浮力や水圧を全身で感知する非日常体験は、脳の発育にすこぶる役に立つというわけです。

うちの子らを生後半年になればベビースイミングへ通わせているのは、水慣れよりも脳への刺激を与えたいから。

お父さんの狙いはそこです。

他にもいいことたくさん。

【体験談】ベビースイミングでバランス感覚が身につく?おすすめする3つの理由
バランス感覚が身につく 水や泳ぐことに苦手意識をもってほしくない 呼吸器に少し不安がある

積み木で空間認識能力、最強の積み木・ワクブロック

多くの親にとって積み木は遊ぶもので、「積み木を習う」と言われたら、「んなものに金は出せるか」って発想になると思うんですが、この積み木みたら180度意識が変わりました。

童具館 WAKU-BLOCK45H0
童具館
¥ 24,840(2019/03/01 05:14時点)

子どもの積み木、木のおもちゃを作り続けて40余年・・・・

造形や創作を通じて子どもの創造力を育てる「和久洋三のわくわく創造アトリエ」でも知られる和久洋三先生の考案した積み木です。

幼児教育科や保育科のあるような女子大学の附属幼稚園なんかでは、講演依頼でひっぱりだこってぐらい有名な方です。

和久洋三さんの考えるいい積み木の条件とは・・・

  • 数量的な法則があること
  • 面取りはしないか、しても最小限にすること
  • 基本は白木、カラーリングは最小限
  • 形のバリエーションもシンプルに

 

ワクブロックはいくつか積み重ねると必ず同じ高さや長さが作れる規則性があり、白木でどっしりと安定感があります。

面取りは最小限にしてあるので、角は痛い、平面はなめらかというごく当たり前の摂理もすぐに理解します。

危ないからと削ったり隠したりするのではなく、ありのままの本物を持たせるという意図です。

なるほど、と唸る積み木の世界・・・

動く・光る・しゃべるおもちゃを与えがちだけど、積み木に集中してる子どもをみていると、本当にほしがっているのはそれじゃないということがわかります。

ただ、ワクブロックでスケールのでっかい積み木をしたいけど問題が無いわけではないです。

この量を、どうやって買い揃える?誰が片付ける?どこにしまう?

さて・・・

それでも積み木したいのでわくわく創造アトリエ・プレイルームに通う

その解決方法のひとつが、和久洋三のわくわく創造アトリエプレイルームに通うこと。

 

2019年2月現在で全国に15箇所

大体月に2~3回、1コマ60分~90分ぐらい

2歳~小学生までで少人数制

積み木だけでなく石膏とか絵画、料理などの活動もある

 

入会前の有料体験もあるので、積み木の活動だけの参加も可能

 

積み木の活動であんまりにも子どもの食いつきが良かったので、入会して月に2回プレイルームに通っています。

 

毎回、家ではできないスケールの遊びができるので子どもの期待感は尋常じゃない。

 

年少の息子がまさかの90分間フル集中。

帰りの車で知恵熱&即寝するほど。

 

多分これがGRITだわ。

まとめ:わくわく創造アトリエは空間認識能力を刺激しまくる

空間認識能力は教えるものではなくて、本人が感じるもの。

そのきっかけのひとつが積み木ということです。

スケールのデカい積み木で空間認識能力を刺激しまくります。

こちらもどうぞ:  【3歳男児】脅し系アプリは要注意!トイレや暗がりを怖がる要因と対処方法
知育
スポンサーリンク
シェアする
イグアナの育児論

コメント