【若ハゲ対策】弟のオレだけ若ハゲだと!?AGAは遺伝って本当かよ!

 

hage-bros

「うそ・・・」

はじめてあわせ鏡で自分の頭頂部を見た夜の絶望感、理不尽な遺伝による虚無感。

ほとんど同じ生活環境の兄弟なのに、なぜか弟の自分だけが若ハゲ・・・マジでか!?

しっかり泣いて落ち着いたら、これ読んでみてください。

スポンサーリンク

若ハゲは隔世遺伝ちゃうんかい!

あなたが自暴自棄になるのも当然です。

そらそうですよね、一足先に青春を謳歌する兄貴を羨んでいたのに、目前で青春の扉が音もなく閉じられたわけですから・・・

薄毛は隔世遺伝であるとほとんどの薄毛サイトで紹介されています。

母型のお爺ちゃんがハゲなら遺伝する可能性高いよってやつですね。

ここで疑問が浮かびます。

  • 同じ世代の兄弟はどうなる?髪質ちがうんだが?
  • そもそもどこの爺さんも薄くないか?

ちなみに、うちではこんなことになってます。

 

父:細い髪質の猫っ毛

  • ハゲ隠しのパーマ歴長し
  • 40代後半に頭頂、前頭部からハゲ露見
  • 50代活発に規模拡大
  • 60代定年退職とともに完ハゲ
  • 70代ますます輝く

 

母:太っい髪の剛毛で多毛&若干くせ毛

  • 50代鉄壁の黒髪
  • 60代多少白髪を染めつつも現役で黒髪無双
  • 70代ますます無双

 

兄:母似の剛毛

  • 20代は不摂生の権化のような生活でも黒髪安泰
  • 30代はヘッチン仕事でも余裕の黒髪
  • 40代頭頂に若干の薄毛傾向だが初期の初期

 

弟:父似の細い猫っ毛

  • 10代野球部引退で薄い疑惑が発生
  • 20代自暴自棄の不摂生
  • 30代ものの見事にAGA、いたたまれず刈り取る
  • 40代シェイブドヘッドでクリリンor天津飯

 

ちなみに、父方母方ともに爺さんはまぶしいほどに完ハゲです。

スポンサーリンク

なぜ兄弟でも髪質が違う?

メンデルという学者さんの名前は聞いたことがあるはず。

えんどう豆の研究で遺伝には法則性があることを発見した人で教科書にも出ているはずですから。

メンデル博士の発見した法則をざっくり説明するとこうなります。

①優性の法則
強く受け継ぎやすい遺伝子のことを優性遺伝子と呼びますが、悲しいことにハゲになりやすい体質というのはこの優性遺伝子にあたります。(現在は優勢という呼び方が誤解を招くので顕性遺伝子って呼びます)
②分離の法則
子どもは父母からそれぞれ1つの形式の遺伝子を受け継ぎます。父母ともにAなら子どもはAA、父母がaaなら子どももaa、父がA・母aの場合子どもはAa。
③独立の法則
つながりのないはずの遺伝子の特性なのに、ランダムに子孫に遺伝すること。

親から子供へ引き継がれる同じ遺伝子の型は半分だけ。

しかも、どんな情報をもらうかは兄弟でもランダム。

残りの50%は父母の遺伝子がシャッフルされた異なる組み合わせの遺伝子で、もちろんこれもランダム。

さらに③の独立の法則の遺伝子も組み合わされるので、むしろ兄弟一緒になることのほうが難しい、雰囲気が似る程度でも上出来ということなんです。

 

兄弟で全く正反対な髪質になってしまっていることは、何ら不思議なことではないってことなんです。

外見を比べてのむやみなケンカはお門違い。

兄弟仲良くしましょう。

スポンサーリンク

AGAと老人性脱毛症は別のもの

old

老人性脱毛症とは年取ったら誰でも薄くなるわって感じで、髪の毛だけでなくすね毛も腕毛もからだ全体が薄くなるものです。

一方、AGA(男性型脱毛症)の場合は、遺伝、ストレス、生活習慣などが引き金となって発症し、前頭部から頭頂部の髪が薄くなります。

前頭部・頭頂部にだけある5aリラクターゼという物質が関係しています。

前から来ようがてっぺんから来ようが、最終的には鉄腕アトムのお茶の水博士、鉄拳の三島平八、サザエさんの波平というスタイルです。

なので、前頭部・頭頂部以外の部分脱毛は、AGAではない別の脱毛症の可能性が高いということになります。

つまり、ただ単に母方の爺ちゃんがハゲだったかだけではなく、AGA発動で早くからハゲだったかというのがポイントとなわけです。

 

写真を見るだけでなく、母ちゃんに詳しく聞いたほうが良さそうですね。

スポンサーリンク

自分の髪の遺伝について

自己分析してみると、母型の爺さん、父、私の3人がAGAである以上、兄もAGAになりやすい体質であることは濃厚です。

状況を洗い出してみると・・・

  • 猫毛の弟と剛毛の兄の髪はもともと3~4倍の差がある
  • 弟は早くから薄毛の恐怖に取り憑かれていた
  • 弟の性格や行動は髪の毛中心にプログラムされるようになった
  • 自由奔放な兄は薄毛について考えたこともない
  • 生活習慣はむしろ兄のほうが悪い
  • 兄は40代にしてやっとAGAの兆候が見えはじめた

ということは・・・

精神的ストレス×悪い生活習慣→AGAの発動時期の前倒し

 

これ、見方を変えると、ストレスを上手にコントロールできれば老人になるまで髪は保てるかもしれないと考えることができます。

線香花火を思い出してください。

思春期に猛々しく、やがて落ち着いてくる火花の様子も男性の髪によく似ています。

さながら風や手の震えはストレスといったところでしょう。

最後まで火球(毛包)を残し、最後の一閃(毛髪)の火花を見届けるのが老人性脱毛症。

悲しくも途中で火球(毛包)ごと落下し、火の気(毛髪)を失うのがAGAというわけです。

 

AGA要因は、

精神的ストレス>悪い生活習慣>遺伝ということなんです。

 

猫毛を髪が少ないことをハゲと勘違いした私は精神的に追い込まれていった。

やがて自暴自棄になり生活習慣を乱し、遺伝により備わっていたAGA発動ラインを越えてしまった。

もともと弱く圧倒的に少ない猫毛は、たんぽぽの綿毛が如くあっというまにハゲ散った。

猫毛と薄毛の違いを早くから認識してストレスをうまくコントロールできていれば、少ないながらも老人性脱毛症まで髪の毛をキープできたのかもしれない・・・

後の祭りですよね。

えらいこっちゃ。

こちらもどうぞ:  若くして薄毛に苦悩する猫毛の友人へ
こちらもどうぞ:  【猫毛男子は薄毛一直線】後悔しかない生活習慣がこれ
スポンサーリンク

まとめ:若ハゲはストレス軽減を最優先に

以上がAGA自己分析ですが、精神的に応えますよね・・・落ち度は自分にあるんですから。

自らの選択の結果のAGA発動だったと・・・

若くしてAGAの疑念にかられてここにたどり着き、最後までお付き合いくださった若者よ、ありがとうございます。

若ハゲのストレスの大半は「ハゲって思われてるんじゃないか」という対人ストレスです。

80~90%ぐらいはこれなんじゃないかな?

勉強や仕事のお悩みをあるかもしれませんが、圧倒的な負のパワーで脳内を占拠してくるのが外見コンプレックスです。

我々のネックはやっぱりなんですよね。

 

例え上手に隠して周囲はごまかせたとしても、あなたの疑心暗鬼が勝手にストレスを増幅させていきます。

唯一この負のパワーから逃れられる髪型があるとすれば、それはボウズだけです。

 

  • 禿げ上がってからのボウズではなく、まだあるうちにボウズにする。
  • 心が軽くなったら生活習慣ちゃんとする。
  • あとは全力で保全活動してください。

これが後悔をもとに導き出したベストな若ハゲ対策です。

尚、保全活動において現在のところ最も信頼感のある育毛剤がフィンジアです。

フィンジア!業界独自の高配合成分!反動無し!

フィンジアは使ってる成分の関係で医薬品ではなく化粧品という分類です。

しかし、しっかりした医学的な臨床試験結果において髪の毛が生えたという報告がされたことにより、信頼度は格段に上がりました。

だってNHKで取り上げてるんだもん。噂はほんとうだったということですね。

コメント