2歳ぐらいの男の子の乗り物遊びに最適な洗えるカーペット

洗えるキッズマット

 

2~3歳ぐらいからの男の子のおもちゃといえば、トミカ、プラレールは定番です。

運転嫌いな嫁にとっては、なにがそんなに楽しいのか遊び方がよくわからないらしいです。

したがってプラレールに冷ややかです。

  • プラスチックがガチャガチャとうるさい
  • 毎度の片付けが鬱すぎ
  • モーター音、踏切音にイライラ
  • 騒音で夜は遊びにくい

戸建ての子ども部屋なら問題ないのですが、賃貸の小さなわが家ではかなり厳しいものがある。

 

スポンサーリンク

男の子の室内遊びの傾向

2~3歳は自分で「ぶ~ん」が楽しい時期です。

ギミック満載で電動ベルトで坂道を登ったり、自動で走る車や電車を眺めて遊ぶというのは、「さわりたいけどさわれない」というフラストレーションが貯まるようです。

気持ちはわかるが少年。

フローリングの上で手ころがしは何とも味気なく、床に傷がついてしまいそうで心配なんだよ。

畳のへりを道路に見立てるなんざぁ父さんちょっと切ないぜ。

何かいいプレイマットないもんかなぁ・・・

 

カーペット・プレイマットで求めたいこと

なんでもかじりつくハイハイ中の娘ので、必然的にジョイント式のスポンジマットは却下。

賃貸物件でクッションフロア(偽フローリング)のため、通気性ないと結露の危険あり。

そんな感じのわが家では、カーペット・プレイマットに対してこんなところを求めていました。

  • すべってずれない
    走ってすべってゴチンするやつがいる
  • 耐久性、通気性がある
    なんでもかじり、つまんで口に入れるやつがいる
  • 大きすぎない
    一区画だけでいい
  • 毛足が短い
    ゴミやほこりを残さずキャッチしてほしくない
  • 洗えること
    こぼす、もらす、ぬったくるやつら
  • 値段も手頃なこと
    予算は5,000円ぐらい?耐久力は必須

 

丸洗いOK!キッズマット

そんなこんなの条件でこちらをチョイス

まず、素材感ですが絨毯(じゅうたん)のような色糸での織り物ではありません。

一般的なプリントカーペットってやつです。

洗えるキッズマット

スベリ止め加工でずれない
肌触りはチクチクしない
丸型や大盤などサイズが豊富
ビビットカラーでにぎやか

この辺の詳細はAmazonの商品ページで参照されたし。

わが家のおすすめポイントは、レールやコースなしで遊んでくれること

「コースを組め」、「レールをつなげろ」といった要求もなく、行きたいところに行ってくれる・・・

遊びにつきあう労力がずいぶん軽減されます。

 

数ヶ月使用してみて、こんなところは好みが分かれるところかと。

マジックテープが貼り付く
絵がチープ
気がついたら寝落ちしている

「~ごっこ」遊びは高度な遊び

ちなみに、ミニカーを使った「お買い物ごっこ」とか、車を人に見立てての「おしゃべり」とかは、2歳児くらいの典型的な遊び方。

「お医者さんごっこ」、「お買い物ごっこ」など、複数のこどもで役割を演じているのですが、そもそも現実にみたことがなければ空想のしようもないんですよね。

 

つまり、「~ごっこあそびは」、現実(リアル)と虚構(フィクション)の区別がついていないとできない、動物には絶対にできない高度な遊びなんです。

 

現実と虚構の区別が付くということは、「本当とうそ」という概念も身につけているということなのですが、これも心の成長のひとつ。

なくてはならない心の成長の証です。

嘘についてどんなふうに善悪を教えていくのかは、結構深~いはなしなんで、嫁さんとしっかりすり合わせておきましょう。

まとめ

なんか自分でいろんなストーリーを考えながら遊んでくれています。

ガシャガシャした音が出ないという効果は大きいです。

イライラしがちなパパ&ママにいいかも。

ミニカー持ってそのまんま寝落ちしていることもしばしばなので、時々は様子見てあげてね。

こちらもどうぞ:  コスパ良好なハイタイプのキッズチェアでごはん中にじっとしてくれるようになった
いいもの・いいこと
スポンサーリンク
シェアする
イグアナをフォローする
育児論