赤ちゃんが動物園で免疫力を上げる!?ホントはどうなの?

動物園

子どもを1歳までに動物園に連れていけば、免疫がつくらしい・・・

 

そんな噂を聞いたことはありませんか?

冷静に考えれば「んなわけないだろう」となるのですが、生まれたてのわが子のこととなると盲信してしまいかねません。

首も座らぬわが子を抱えて「動物園に行くぜ~!」と意気込んでいるお父さん&お母さん。

ちょっとだけ待てって。

スポンサーリンク

1歳までに動物園に行くと免疫力がつく!の根拠?

この「動物園で免疫つくよ説」、はっきりとは言えませんが限りなく黒に近いグレーというか、無理のある説です。

調べていくうちにわかったのが、どうもこの説の根拠になっているのがこちらのようです。

 

2008年11月にNHKで放送された「NHKスペシャル」というTV番組で、『病の病の起源 第6集 アレルギー ~2億年目の免疫異変~』の内容から派生したらしいです。

南ドイツで、農家と非農家の子供の家のホコリを集め、「エンドトキシン」と呼ばれる細菌成分の量を調べたところ、それが多い農家の子ほど花粉症とぜんそくを発症していなかった。エンドトキシンは乳幼児期に曝露が少ないと、免疫システムが成熟できず、アレルギー体質になる。農家のエンドトキシンの最大の発生源は家畜の糞。糞に触れることのない清潔な社会がアレルギーを生んだとも言える。

引用:http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20081123

 

この中のエンドトキシン、乳幼児、家畜、糞というキーワードがそれぞれ連想ゲームのように・・・

「動物のう◯ちにはエンドトキシンがあって、赤ちゃんの免疫力を上げるらしい」→「動物園行こう!」

短絡的ですが、こうなったようですね。

専門家の見解は!?

ここまで赤ちゃんのパパ・ママの間に都市伝説的な噂が広まっているのですから、これを知らないお医者さんもいないはず。

お医者さんにホントのところを聞いてみたいですよね!?

と、そしたら同じように疑問に思うパパ・ママも多いようで、

動物園に遊びに行っても免疫力はアップしません!

昔、「無菌の状態では免疫力が養われない。雑菌の多い環境に慣れているほうが病気になりにくい」という衛生学説が唱えられたことがあります。そのことからいわれるようになったのかもしれませんが、ときどき動物園に遊びに行く程度では、免疫力を高めることにはつながりません。動物園内に住めば、免疫力アップの可能性があるかもしれませんが……。

引用:https://millymilly.jp/column/1078

という小児科の先生のご意見です。

まぁ、農家の環境と動物園の環境はあまりに遠いですよね。

しかも檻の外の清潔な環境で、動物臭だけかいだところで免疫はつくなんて怪しい話ですし。

エンドトキシンは動物の糞にしかいないのか?

エンドトキシンは腸内菌の細胞膜の成分で、細菌が死んだときに大量に発生する物質です。

一時的に大量に吸い込んだり、血液中に入ってしまうとショック状態を起こす毒素ですが、日常のなかにどこにでもいる常在菌なので、特に問題視することもありません。

普通に生活していれば普通に接する菌ということです。

家畜の糞と聞くと牛や豚などの大量のものを連想しますが、同じ動物ということならばペットでもいいんじゃない?と考える人もいるはずですよね。

アメリカやフィンランドでは、生まれた頃からペットがいる環境の赤ちゃんは、呼吸器疾患や喘息などの気管支の病気にかかりにくいのでは?という研究もあるようです。

しかし、動物の毛やフケなどが原因でアレルギーを抱えてしまう赤ちゃんがいることも事実です。

除菌抗菌まで行かないまでも、普段の掃除などは心がけたいものです。

このペットによる免疫説は捉え方も個人差の大きい部分なので、やはり様子を見ながら少しづつ慣らさないと行けないようですね。

まとめ:動物園にいっても免疫はあがらん

以上、ほとんどの方は「効果は低い」という結論になりますよね。

しかし、免疫うんぬんよりも「本物の動物をみる」という経験は子どもにとって超貴重なものです。

ライオンがわが子を美味しそうに見る目はちょっとイヤですが。

こちらもどうぞ:  Amazonファミリーで「時間がない!」という子育ての悩みが緩和するかも
いいもの・いいこと
スポンサーリンク
シェアする
イグアナをフォローする
育児論